遺産相続で保証人の地位も相続しなければならない時は

遺産相続では、「被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」とされています。ただし生活保護受給権のような一身専属的な権利については相続されません。一身専属的な権利以外の全ての権利義務を包括的に相続するわけですから、土地や財産のような資産の他に、借金や保証人としての地位までも相続してしまいます。遺産相続の時に、亡くなった人が誰かの借金の保証人になっていることが判明した場合にどうすればいいのかは難しい問題です。

なぜなら、保証人というのはその人が借金をしているわけではなく、主債務者が借金を返済できないときに限って保証人に請求がいくことになるからです。通常ならば主債務者が借金の返済をするので保証人に請求がいくことはありません。しかし主債務者が破産をしてしまったりなどして保証人が変わりに支払わなければならなくなるという可能性もあります。また、一般的な契約では「連帯保証人」とされていることが大半です。

この連帯保証人というのは主債務者と全く同じ義務を負います。主債務者よりも先に連帯保証人に請求がされても違法ではないのです。遺産相続で、このような保証人の地位も相続しなければならない時は、2つの方法がとれます。1つは相続放棄です。

相続放棄は、相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をすることによって、相続人としての地位を放棄します。この方法は借金や保証人の地位を承継しない代わりにすべての財産を受け取ることができなくなります。もう1つの方法は、限定承認です。限定承認も相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をすることで認められますが、これには相続人全員の同意が必要です。

限定承認をすれば、もし保証人として借金を返済しなければならない場合も、残された財産の中から借金を返済し、相続財産を超える借金については支払わなくてもよくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です