遺産相続をするときの注意点

人が亡くなると、遺産相続が発生しますが、遺産にはさまざまなものが含まれます。 通常、遺産というと財産を想像しますが、いわゆる財産=正の財産だけでなく、負の財産=負債も遺産相続の対象です。 財産は相続するが、借金は引き継がないということはできず、財産を相続した場合は、借金などの負債も引き継ぐことを承認したことになります。 亡くなった人のことを、相続される人=被相続人、相続する人のことを相続人といいますが、相続人は、相続発生から3カ月以内に届出をすれば相続放棄をすることができます。

 明らかに負債が多い場合には、財産の権利も放棄すれば、負債を相続しないことができます。 また、亡くなった直後で、財産や負債の状況の把握ができていない時は、プラスなら相続するけれど、マイナスの場合は相続しない、限定承認という方法も可能です。 ただし、財産の一部の受取をした時点で、相続をしたことになって、相続放棄ができなくなることがあります。 例えば、故人の持っていた自動車の名義変更をした時点で、相続の意思表示をしたことになるので、後から多額の負債がわかっても相続放棄はできません。

 遺産相続は、故人が亡くなってから、その財産や負債の把握がすむまで、慎重に対応することが必要です。 故人の預貯金や現金なども相続財産なので、後から他の相続人に、勝手に使ったといわれないように、葬儀費用や、亡くなるまでの医療費などを使った場合にも、記録を残しておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です