知っておきたい遺産相続のこと

遺産相続とは、亡くなった被相続人の遺産を、配偶者や子どもといった親族などの相続人に分配することです。基本的には、相続人は配偶者、子ども、親、兄弟というような順番で相続権が移動していきます。この遺産の内容には、預貯金や不動産、美術品などの他にも、ローンなどの借金も含まれます。そのため、遺産相続の際にはこの遺産を受け取るという相続人の義務と権利が発生するのです。

ただし、相続人に関しては、遺言書によって優先順位が変化する場合があります。これは死後であっても、故人の遺志を優先するための決まりであり、この遺言書があるか無いかで相続内容は大きく変化します。ただし、遺言書の記述内容が、相続人にとって大きな不利益となる場合には不服申し立てが出来るようになっているので、注意が必要です。また、相続人となった場合には、遺産をどうするかを決めることが出来ます。

全部受け取るのか、条件を付けて遺産を相続するのか、もしくはすべての遺産を放棄するのか、などの選択を自由に行なうことも可能です。遺産相続の際に複数の相続人がいる場合には、遺産を分割する話し合いが設けられることが多いです。この遺産の分配はトラブルになりやすいために、身内以外にも弁護士のように法律に詳しいプロや第三者が介入した方が話し合いがうまくいく場合があります。遺産相続で揉めてしまうと、後々の怨恨にも繋がるので出来るだけうまく対処することが大切だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です