遺産相続にかかる相続税とは

遺産相続とは亡くなった人の不動産や預貯金、権利などの生前の財産を配偶者や子供などが引き継ぐことを言います。遺産相続をすると、相続税が発生します。この相続税は亡くなった人の財産全てに対してかかってくると言うものではありません。相続税は正味の相続財産つまり、プラスの相続財産からマイナスの相続財産を差し引いたものの課税価格から、基礎控除額を差し引いたものに対してかかってくる税金です。

この基礎控除額とは5000万円に法定相続人の数かける1000万円を足した額となります。そのため、亡くなった人の財産が基礎控除額を超える場合に相続税がかかると言うことになります。例えば、亡くなった人に配偶者と子供が3人いたとすれば5000万円に法定相続人4人かける1000万円を加えた9000万円が基礎控除額となり、仮に1億円の財産があれば1億円から9000万円を差し引いた1000万円に対して相続税がかかってくると言うことになります。また亡くなった人の財産が基礎控除額以下であった場合には、遺産相続をしても相続税は1円も払うことはなく、相続税の申告の必要もありません。

法定相続人の数は遺産相続の権利を放棄した人がいたとしても、その放棄がなかったものとした場合の数を言います。もしも、法定相続人の中に養子が含まれる場合には、実子がいる場合は養子のうち1人までが法定相続人、実子がいない場合は養子のうち2人までが法定相続人となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です