遺産相続と連帯保証債務

亡くなった家族や親族からの遺産相続というのは、かならずしも相続人にメリットをもたらすものだけとは限りません。たとえば、いったん無条件で遺産相続をしてしまえば、被相続人の連帯保証債務も引き継がれます。連帯保証というのは、主たる債務者と同じように債務を引き受けることをいい、もし主たる債務者が借金をして返済できなくなった場合、その連帯保証人となっていた人が、貸した人からの請求に応じて、その借金を支払わなければならないことになります。したがって、主たる債務者が借金を契約どおりに返済している間はよいものの、失業やギャンブルにより資産を失うなど、何らかの原因によって返済ができなくなった場合には、実質的にその人と同じ借金を背負っているのとかわらないことになるのです。

しかし、亡くなった人の家族や親族だということだけが原因で、見ず知らずの人の債務を引き受けなければならないというのはあまりにも酷なことですので、法律では一定の手続きを踏むことによって、そうした債務から免れる方法を用意しています。たとえば、相続放棄という方法ですが、これは遺産相続をはじめからしないという意思を示すことによって、いっさいの債務を引き受けないという方法ですので、連帯保証債務についても当然ながら引き受けずに済むことになります。ただし、あらかじめ期限内に家庭裁判所で手続きをすることが必要ですので、忘れることのないようにしなければなりません。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です