交通事故の賠償金の交渉は弁護士にお任せです

交通事故の被害になった場合、相手が任意保険に入っているならばその保険会社が慰謝料を支払ってくれます。しかし保険会社の慰謝料では納得出来無いケースもあるかもしれません。例えば後遺障害が残ってしまったのに、保険会社が精神的な苦痛を理解してくれずに自社の算定基準で賠償金を支払おうとすることは珍しくないです。しかし保険会社以外にも算定基準があるのです。

それが裁判所基準と呼ばれる物ですが、これは弁護士に依頼をすればスムーズに話を進めることが出来るでしょう。弁護士は任意保険基準で賠償金を請求するのでは無くて、裁判所基準で請求をします。そのために保険会社が提示してきた賠償金以上の金額を請求することも出来るでしょう。慰謝料だけが高くなるのではなくて逸失利益等、交通事故に関する賠償金全てで増額を期待出来ます。

金額の増額だけでは無くて他にもメリットはあります。交通事故にあって怪我をしたならば、歩くだけでも痛くて一苦労というケースもあるでしょう。病院に行って治療もしなければならないのに、自分で保険会社と交渉をしなければならないですし、必要な書類も用意する必要が出て来ます。治療に集中したいのに全く出来ずに、症状を悪化させてしまう可能性も出て来るでしょう。

しかし弁護士に依頼をすれば交渉や書類の作成は全て弁護士に依頼できるのです。確かに弁護士への依頼費用はかかるかもしれませんが、それ以上の金額を得られる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です