交通事故で過失割合が無い場合の弁護士への相談

交通事故の被害に遭ってしまった場合に、こちら側の過失割合が全くない場合は、個々で加入している保険会社からのサポートを受ける事ができません。その場合は、それぞれが加害者側の保険会社と直接示談交渉を行うか、もしくは加害者側の弁護士と交渉しなければならないケースが見られます。しかしながら、交通事故の経験が全くない方にとって、交通事故の事案に詳しい保険会社の方や弁護士の方と交渉を進めることは難しくなり、不利な状況で示談を交わさなければならないケースも多くあるのが現状です。この場合は、過失割合が無い場合でも、弁護士の方に法律相談を依頼する事が大切です。

交通事故の損害賠償請求には一定の期間があり、この期間が経過してしまうと時効となってしまうこともあります。この時効を迎えるまでには長い期間がありますが、何らかの要因で交渉期間が延びてしまい、損害賠償の請求が出来なくなってしまうようなケースを防ぐ為にも、きちんと弁護士の方に相談する事が効果的な解決法です。また、交通事故の被害に遭った場合には、示談書にも多くの専門的な要素が組み込まれており、重要な事項を明記されていない場合には、この示談書が法的に無効な場合もあるために、安易に素人が示談交渉に臨むのは得策ではありません。それ故に、こちら側に落ち度がなく、過失割合が全く無い場合でも、それぞれの事故の状況により、この分野に精通した弁護士の方に相談を依頼する事が重要なのです。

広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です