相続税の改正と弁護士

本年より、相続税が改正されていることを、皆さんはご存じでしょうか。すなわち、今までは、5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)が基礎控除額でしたが、今年からは、3,000万円+(法定相続人の数×600万円)が基礎控除額となります。例えば、法定相続人の数が2人ですと、今までは7,000万円まで税金がかからなかったものが、今年からは4,200万円まで税金がかからないということになります。従って、今までは、資産家ではないので関係ないと思っていた人達も、高い税金を払わなければならなくなる可能性が高くなったのです。

特に、都市部に住む方にとっては、不動産・住宅価格が高いですので、それだけで基礎控除額を超えてしまうということにもなりかねません。そこで、今年からは、弁護士に相談をするという機会も増えてくることでしょう。ソウゾクの問題は、争族の問題でもあります。そして、これは何も大富豪の問題ではないのです。

むしろ、相続額の少ないケースの方が、訴訟に持ち込まれるケースが多いということが、統計データや弁護士の経験として知られています。それでも、自分の家族はお互いに仲がいいから大丈夫だと思っている方も多い事でしょう。しかし、そのお子さんには、妻や夫がいて、このような親族が口をはさんで争いになるケースが多いという事も、弁護士の経験として知られています。ですから、きちんとした遺言書を書いておくとか、ご自分の財産目録を作っておく等の作業が必要となってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です