相続の遺産は弁護士への相談で必ず貰える

原則として、相続の権利を持っている人は必ず遺産の取り分があるためそれを相続することができます。こうした遺産の相続そのものに関しては自治体に対する簡単な手続きで済ませることができるため、弁護士への相談を特別に必要とするわけではありません。ただし、弁護士に相談をして遺産の分割分に関してはきちんと法的な手続きをしてもらわなくてはいけないときもあります。それは、亡くなった人の遺言書が見つかって自身への取り分がまったく無くなってしまった場合です。

この場合には、特定の制度を利用して遺留分という遺産の分配分を貰うことができるようになります。本来、遺言書というのは亡くなった人の最後の意思表示なので非常に重要な役割を果たすものであるといえます。遺言書の内容は民法上の法定割合に優先して分割がされることになるため、仮に遺言書の中に特定の人物に対するすべての権利の譲渡が書かれていた場合には他の権利者はその遺言の内容に従わなくてはいけません。しかし、このようなことが許されてしまうと本来権利を持っていた正当な家族の一員がかなりの不利益を被ってしまうので不公平さを無くすために遺留分という制度が考えられたのです。

遺留分の制度を使えばその遺産の最低限の分配分は必ず貰うことができるようになります。遺留分の制度に関しては一般的な相続とは別の手続きで処理しなくてはいけないため、実際に利用するときには遺留分の制度に詳しい弁護士にその旨を伝えて代行で処理を行ってもらわなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です