近年、自動車の維持費がかかることもあり、自転車に乗り換える人が多いと聞きます。エコや健康などのイメージから自転車に乗っている人も多いのではないでしょうか?かくいう私も自動車免許を持っておらず、自転車愛用者の一人です。しかしながら、自転車に乗る人が増えているのに伴って、自転車による交通事故も増加傾向にあります。自転車事故では、被害者になる可能性だけでなく、加害者にもなり得るのです。

その時に問題になってくるのが慰謝料です。自転車による事故であっても、高額の慰謝料が求められるケースも増えています。記憶に新しいもので言えば、小学校高学年の男子児童が自転車で走行中、歩行中の女性にぶつかり重体を負わせたケースでは、裁判により男子児童の母親に約9500万円の慰謝料が請求されたケースがあります。自転車事故の問題点としてあげられるのは、多くの場合、双方が保険に加入しておらず、損害賠償を自費で支払わなければならないことや小中高校生など未成年でも加害者になりやすく、支払い能力が未熟な事等です。

加害者に支払い能力がない場合でも裁判で支払いが求められた場合、物品の差し押さえをされて慰謝料を支払わなければならないこともあります。自転車による交通事故の場合でも、自動車での場合も交通事故の慰謝料の相場はあまり変わらないため、自転車でも十分に気をつけなければなりません。もしもの時のために、自転車の保険に加入することも検討すべきではないでしょうか。