交通事故の慰謝料額をアップさせる方法

交通事故に遭ったときには慰謝料の請求ができますが、この金額には相場というものがあって、そこからかけ離れた金額は認められないものです。ただしこれは裁判所の判断であって、各自がそれぞれ示談をして決めた金額であるならその金額がもらえることになります。素人では示談をするのは危険なので、できれば弁護士か示談の専門家に依頼をするのがいいでしょう。どのような交通事故だったのかによっても慰謝料の額はさまざま違ってきますが、一般的には自賠責基準の場合は一日あたり4200円ということになっていまいす。

ただ、これはほとんど最安値と言ってもいい値段なのであまり参考にはなりません。これ以下なら話にならないので、最低ラインだと覚えておくだけでいいでしょう。民間の保険会社では任意保険に入れますが、この基準は自賠責基準よりも少し高めです。ただ、保険会社も支払い額はできるだけ低く抑えたいと考えているので、あまり高い値段にはなりません。

最も高いのが弁護士基準であって、これは自賠責基準の倍程度の相場になることが多いです。弁護士さんは交渉力もすごいので、すべてを安心して任せておけます。示談は自分一人でもできますが、交通事故の場合には後々どういったトラブルが発生するかも分かりません。できれば公的な人を間に入れるなどの工夫をするのがベストです。

自分が加害者になってしまったときには、示談には応じないのが一番です。裁判所が適正な慰謝料を導き出してくれるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です