交通事故に遭ったことで、被害者側の保険会社から損害賠償の金額提示を受けたときには、急いで承諾書に同意してしまう人も多いと思います。一般的には交通事故の加害者側が提示する金額は、裁判基準による損害賠償額からみて低い金額であるほうが多いと言われています。交通事故の被害に遭うことによって、相手方に請求できるものには慰謝料があります。慰謝料とは、被害者が負った精神的苦痛に対して支払われることになるお金のことになります。

慰謝料や損害賠償額などの全体的な算出に関しては、それぞれの状況に応じて計算する必要があります。保険会社は数多くの交通事故による交渉を手掛けている専門家になりますので、示談の交渉に慣れていると言えます。その一方で被害者としては人生で交通事故の被害に遭うことは何度もありませんので、交渉の方法が良くわからない人がほとんどでしょう。弁護士などの専門家に相談を行っておくことによって、的確な対応をしてもらえるようになりますので、被害者の負担を減らせる効果があります。

支払ってもらえる金額の内容としては、精神的苦痛への支払いだけではなく、治療にかかった費用、通院のための費用、入院時に必要になった雑費、休業損害なども含めて請求することが可能です。事故に遭った結果として後遺症が残ってしまったときには、等級や程度に応じて後遺症の慰謝料が発生しますし、被害者が死亡したときにも死亡慰謝料を支払ってもらうことになります。